ちゅらトゥースホワイトニングは正しい歯磨きで効果的に!

ちゅらトゥースホワイトニングは正しい歯磨きで効果的に!

 

正しい歯磨きは虫歯・歯周病・歯を白くキープするのに大事!

ちゅらトゥースホワイトニングに限った話じゃないんですが、ホワイトニング歯磨き粉(もしくはジェル)を使ったとしても

 

・正しいブラッシング(歯に汚れを残さない)
・口内を清潔に保つ習慣

 

この2点を意識していかないと、ホワイトニングを止めたらあっという間に真っ黄色な歯に逆戻りです!

 

 

もしくは、ところどころ黄ばんだ歯になってしまう…そういう可能性があるんです。

 

 

つまり、黄ばませないための予防も考えていく必要があります。

 

 

正しいブラッシング 〜スクラビング法とバス法をしっかり意識する!〜

ステインなどを残さないための正しいブラッシングとしては、主に2つの磨き方が重要になってきます。

 

スクラビング法

 

スクラビング法は、歯に対して90度にあてて小刻みに磨いていく方法です。
動画の通り、歯に横から当てる形で1本ずつ丁寧に磨いていきます。

 

 

ゴシゴシこするわけじゃなく、ブラシをしならせるイメージで磨いていきます。

 

バス法

 

バス法は、歯に対して45度にあてて磨いていく方法です。

 

動画の通り、歯と歯肉の間にブラシを差し込むようにして磨くので、歯周病対策になります。

 

 

歯垢や歯石を作らせないための対策にもなっていて、美しい歯を目指すのでしたらこの方法も知っておいたほうが良いです。

 

 

正しいブラッシング法を知って、白くて美しいだけじゃなく強くて丈夫な歯も目指してみてはどうでしょうか!

 

 

口内を清潔に保つための習慣とは?

ちゅらトゥースホワイトニングの効果の期間

 

もう一つの、口内を清潔に保つ習慣についてです。

 

こう聞くと

 

「いつも毎食後に歯磨きしないとダメなの?」
「コーヒーやお茶を飲まないように我慢しろってこと?」

 

 

って思う方もいるかもしれませんが、そういうわけではないんです。

 

いくつかのポイントを意識しつつ、ちょっとやり方を変えるだけでいいです!

 

1.食べるときは咀嚼回数(噛む回数)を増やす
2.食後に水でうがいをする
3.ガムなどを噛んで唾液を出す
4.鼻で呼吸する

 

食後に口の中に残った食べかすは酸化してしまい歯を溶かします!

 

食後に歯を磨けない状態だとしても、水でうがいすることでだいぶ変わってきますので、食後のうがいはやっておいたほうが良いです。

 

 

また、唾液は歯を守るためにいろんな役割を持っています。

 

咀嚼回数を増やしたり、鼻呼吸を意識するようにしましょう!

 

 

この正しい歯磨き方法と口内を清潔に保つ習慣をすることで、白い歯をより早く目指せるかと思います。
ぜひ実践してみてください!

33%OFF&送料無料 +30日間の返金保証付き

↓   ↓   ↓

薬用 ちゅらトゥースホワイトニング